2016年5月1日日曜日

「勇気を出しなさい」

2016年5月1日
日本キリスト教団 頌栄教会牧師 清弘剛生
聖書 ヨハネによる福音書 16章33節

あなたがたには世で苦難がある
 「これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている」(33節)。

 これは最後の晩餐におけるイエス様の言葉です。ヨハネによる福音書には、最後の晩餐におけるイエス様の長い説話が記されていまして、この言葉はその全体の締めくくりに当たります。この後、17章において主は祈りを捧げ、18章においてゲッセマネの園へと向かわれるのです。

 そこで何が起こるのか、主は既にご存じでした。ユダが兵士たちを引き連れてやってくるのです。イエス様を捕らえるためです。そして、イエス様は不当な裁きにかけられます。つばきをかけられ、あざけられ、鞭打たれ、十字架にかけられて殺されることになるのです。主は度々御自身の受難について予告してこられました。主は何が起こるか、なにもかもご存じでした。しかし、イエス様は最後の晩餐における話の最後において、もはや御自分の受ける苦難については語られません。そうではなく、弟子たちの受ける苦難を思って語られるのです。「あなたがたには世で苦難がある」と。

 弟子たちの受ける苦難についても、主は既に弟子たちに語っておられました。「人々がわたしを迫害したのであれば、あなたがたをも迫害するだろう」(15:20)と。しかし、主はその手前において起こるであろうことをもご存じでした。苦難は迫害から始まるのではないのです。その手前から既に始まることになるのです。

 主がこの数時間後に捕らえられる時、弟子たちは主を見捨て逃げ去ることになります。ペトロについては、「鶏が鳴くまでに、あなたは三度わたしのことを知らないと言うだろう」(13:38)と予告されていました。その通りになります。今日の聖書箇所においても、「あなたが神のもとから来られたと、わたしたちは信じます」と言う弟子たちに対して主はこう言っておられました。「今ようやく、信じるようになったのか。だが、あなたがたが散らされて自分の家に帰ってしまい、わたしをひとりきりにする時が来る。いや、既に来ている」(31‐32節)。そして、その通りになります。

 既に彼らの苦難は始まっているのです。その中で彼らは自分の弱さと向き合うことになります。自分の罪深さ、惨めさとも向き合うことになります。自分自身に絶望することにもなります。彼らはそのようなところを通らなくてはならない。そう、そのようなことがこの世では起こります。この世では苦難がある。そこで自分自身と向き合うことになる。私たちもまた、そのことを知っています。

 しかし、主はそこで言われるのです。「勇気を出しなさい」と。それは「弱くてはだめだ、強くなれ」という意味ではありません。彼らが自分自身を知る前に、主は既にご存じなのです。その弱さも罪深さもすべてご存じなのです。だから彼らの内にあるものを指して「勇気を出しなさい」とは言いません。そうではなくて、主は御自分を指し示して、こう言われるのです。「勇気を出しなさい。《わたしは》既に世に勝っている」と。

わたしは既に世に勝っている
 「わたしは既に世に勝っている」と主は言われる。しかし、これを読んでいる私たちは知っています。主はこれから惨めな敗北の姿を公衆の面前にさらすことになるのです。裸にされ、鞭打たれ、十字架につるされて死んでいく姿は、最も惨めな敗北者の姿ではありませんか。そのような姿になることをイエス様も知っているのです。にもかかわらず、イエス様は十字架につけられる前から、早々と勝利宣言をなさるのです。「わたしは既に世に勝っている」と。ならば私たちはその意味を考えねばなりません。本当の意味で「勝つ」とはどういうことなのか。私たちはよく考えねばなりません。

 「わたしは既に世に勝っている」。主が「勝っている」と言われるこの「世」とは、神に背を向けたこの世界です。神がどんなに愛しても背を向け続けるこの世界です。神がどんなに愛をもって呼びかけても応えようとしないこの世界です。否、むしろ呼びかける神に敵対する世界です。神に敵対する悪魔が支配しているこの世界です。それゆえに、神がその愛のゆえにキリストを遣わされても、よってたかってキリストを血祭りに上げ、殺してしまうようなこの世界です。

 そのようなこの「世」に勝つとはどういうことですか。キリストはどのようにして、この「世」に打ち勝つつもりでおられたのでしょう。裁きを下すことによってでしょうか。神に敵対する人々を滅ぼすことによってでしょうか。キリストはそうすることもできたのでしょう。それまでに数々の奇跡を起こし、神の力を現してこられたのですから。

 実際、他の福音書には、イエス様が捕らえられた時に次のように言われたことが伝えられています。弟子の一人がイエス様を守ろうとして剣を抜き、大祭司の手下に打ちかかった時に言われた主の言葉です。「剣をさやに納めなさい。剣を取る者は皆、剣で滅びる。わたしが父にお願いできないとでも思うのか。お願いすれば、父は十二軍団以上の天使を今すぐ送ってくださるであろう」(マタイ26:52‐53)

 そのようにして、主は世に勝つことはできたはずです。しかし、主はそうなさいませんでした。自分の身を守ろうともしなかった。ならばどのようにして「世」に勝つのでしょう。

 敗北して殺されていくように見えるイエス様の姿そのものが、実は雄弁に語っています。どのようにして勝つのか。それは力を現すことによってではなく、愛することによってです。報復することによってではなく、赦すことによってです。罪の世を裁いて滅ぼすことによってではなく、世の罪を負うことによってです。十字架の上で罪の贖いを成し遂げることによってです。そのようにして神の愛をこの世界に現すことによってです。そのようにして、この世に神の御心を行うことによってです。

 そうです、神はこの世を愛しておられるのです。御自分に背を向ける世界を、それでもなお愛し続けておられるのです。そして、その愛が勝つことを主は知っておられるのです。神の愛の御心は必ずこの世界に実現する、と。何ものもそれを妨げることはできない、と。主が宣言しておられるのは神の愛の勝利なのです。主はこの世の罪よりも、この世の敵意や憎しみよりも、神の愛の方が大きいことを、はるかに強いことを知っているからこそ、主は勝利を宣言するのです。「わたしは既に世に勝っている」と。

勇気を出しなさい
 そのように勝利宣言をされる方が言われるのです。「勇気を出しなさい」と。ならばそれは単に強くなれ、と言っているのではありません。これは「安心しなさい」とも訳され得る言葉なのです。実際、そのように訳された同じ言葉がとても印象的な場面に出てきます。

 それはイエス様を陸に残し、弟子たちだけで舟に乗ってガリラヤ湖に漕ぎ出した時のことでした。彼らは逆風のため漕ぎ悩んでいました。彼らの苦闘は夜明けまで続いたようです。そのように風と波に翻弄され、自らの無力さに打ちひしがれ、疲れ果てていた彼らのところに、イエス様が近づいてこられました。そして、恐怖におののく彼らに主はこう言われたのでした。「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」(マルコ6:50)。この「安心しなさい」というのが同じ言葉です。

 「勇気を出しなさい」とはそういうことです。どんなに漕ぎ悩んでいても、そこに無力な自分がいても、どんなに惨めな自分がいても、「わたしだ。恐れることはない」と言ってくださる御方がそこにいてくださるのです。その方が「勇気を出しなさい」と言ってくださる。それはまさに「安心しなさい」ということでもあるのでしょう。

 実は、これまでイエス様が語ってこられたこともすべて、ここに向かっていたのです。イエス様はこう言っていましたでしょう。「これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである」(33節)と。彼らが得るべき「平和」あるいは「平安」とは、逆風や荒波がないところでの穏やかな湖のことではありません。そうではなくて、荒れ狂う湖に翻弄される小舟の中にあってなお持ち得る「平和」であり「平安」なのです。そして、それは「わたしによって」だと主は言われます。「あなたがたが《わたしによって》平和を得るためである」と。

 これは「わたしの中にあって」という言葉でもあります。あるいは「わたしにつながって」とも訳せる言葉です。そこで思い出さなくてはならないのは、この前の章に書かれていることです。そこでイエス様は「ぶどうの木」のたとえを語っておられるのです。「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである」(15:5)。イエス様はこのたとえ話を迫害の予告の前に語られたのです。苦難を受けることになる彼らだからこそ、語ったとも言えます。「わたしにつながっていなさい」と。それはわたしの中に留まっていなさい、ということでもあるのです。

 そのようにイエス様の中に留まっていてこそ、また出て行くこともできるのです。イエス様につながっていてこそ、またこの世に勇気をもって出て行くこともできるのです。「あなたがたには世で苦難がある」と主が言われる「世」のただ中に恐れないで出て行くことができるのです。苦しみの多くは他の人間から来るのでしょう。しかし、この人間の世界、他者との関わりの世界に恐れないで出て行くことができるのです。

 たとえ敵意と憎しみの嵐に翻弄されることがあったとしても、そこで自分の弱さを突きつけられるようなことがあったとしても、惨めさを味わい知るようなことがあったとしても、最終的に私たちは負けない。イエス様の内に留まっている限り絶対に負けません。なぜなら、この勝負は私たちにかかっているのではないからです。

 神の愛が必ず勝つことをはっきりと見せてくださった御方が共にいてくださいます。その方が見せてくださった勝利に、私たちもまた与らせていただけるのです。その御方は今日も私たちにも言ってくださいます。「あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」安心して、ここから歩み出しましょう。

以前の記事