2016年3月27日日曜日

「もう泣かなくても大丈夫」

2016年3月27日 イースター礼拝   
日本キリスト教団 頌栄教会牧師 清弘剛生
聖書 ヨハネによる福音書 20章11節~18節




なぜ泣いているのか
 「マリアは墓の外に立って泣いていた」(11節)。そう書かれていました。マグダラのマリアと呼ばれていたその人は、イエス様が十字架にかけられて三日目の朝、御遺体に香料を塗るために墓を訪れたのでした。しかし、来てみると墓の入口の石が取りのけてあった。墓の中にイエス様の御遺体はありませんでした。誰かが御遺体を取り去ってしまった!そう思った彼女は、悲しくて悲しくて、泣きじゃくっていたのです。

 いや彼女のことを思うならば、恐らく泣いていたのはこの場面だけではなかったでしょう。イエス様が捕らえられたことを知った時から、恐らく彼女はずっと泣き通しだったに違いありません。

 イエス様が捕らえられて不当な裁判にかけられ、むち打たれて血を流していたとき、彼女はどうすることもできませんでした。ただ泣くことしかできなかったことでしょう。イエス様が十字架を背負ってゴルゴタの丘へと向かっていた時、彼女はどうすることもできませんでした。手足が釘で刺し貫かれて、イエス様が叫び声を上げているとき、彼女はそれを耳にしても、どうすることもできなかった。イエス様が十字架の上で苦しみもがいている時にも、彼女はどうすることもできなかった。イエス様がまさに息絶えようとしているとき、彼女はどうすることもできなかった。彼女はただただ泣くことしかできなかったのでしょう。無力だから。どうすることもできないから。

 イエス様が墓に葬られた時にも、彼女は墓の前で泣くことしかできなかったのでしょう。イエス様が死んでしまった事実を変えることはできないから。三日目の朝が来て、彼女が墓に向かっていたときも、彼女には何ができるわけではありませんでした。できるのはただせめてイエス様の遺体に香料を塗ることぐらいです。しかし、その遺体さえも無くなってしまいました。もはや彼女にできることは何もありません。泣くことしかできなかったのです。

 ただ泣くことしかできない。彼女の姿は私たちにも覚えがあります。私たちにもそんな時があるからです。特に私たちが最も無力さに打ちひしがれるのは、彼女と同じように死の現実に直面したときでしょう。このマリアのように、愛する者の命の火が消えていく時、消えてしまった時、人はどうすることもできない。泣くことしかできないのです。実際、この一年の間、幾人もの方々が、ご家族を亡くされ、あるいは親しい友人を亡くされ涙するのを見てきました。ただただ泣きくれているマリアの姿は、私たちにとって本当に身近な姿に思えます。

 しかし、そんなマリアに語りかけられた言葉がありました。それは神様の側からの言葉でした。それはこの世の慰めや励ましとは全く異なる言葉でした。そのことを今日の聖書箇所は伝えているのです。

 「マリアは墓の外に立って泣いていた」。その続きはこう書かれています。「泣きながら身をかがめて墓の中を見ると、イエスの遺体の置いてあった所に、白い衣を着た二人の天使が見えた。一人は頭の方に、もう一人は足の方に座っていた」(11‐12節)。

 マリアはいったいどのような姿を見たのか。どうして天使だと分かったのか。天使であったのなら、どうしてマリアは驚かなかったのか。そのあたりは良く分かりません。しかし、ここで大事なのは、天使が見えたということよりも、マリアが聞いた言葉です。泣いていたマリアに語りかけられた言葉です。「婦人よ、なぜ泣いているのか。」

 マリアは答えました。「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません。」こう言いながら、後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが見えた、と書かれています。ところが、それがイエス様だとは気付きませんでした。本当はイエス様がすぐ近くにいたのに、マリアは気付かなかったのです。

 ですから、マリアは再びイエス様を背にして泣き続けるのです。そのようなマリアに主は言われました。「婦人よ、なぜ泣いているのか。誰を捜しているのか。」先に墓の中から聞こえた言葉と同じです。「なぜ泣いているのか。」イエス様はマリアがなぜ泣いているのかは知っておられるはずです。ならばそれは理由を聞いているのではありません。「なぜ泣いているのか」。それは「もう泣く必要はないよ」ということです。「もう泣かなくても大丈夫!」イエス様はそう言ってくださっているのです。イエス様はそう言うことのできる御方なのです。私たちが無力であってもイエス様は無力ではないからです。

 しかし、マリアはまだイエス様がすぐ近くにいるのに気づきません。園丁だと思って、泣きじゃくりながら答えます。「あなたがあの方を運び去ったのでしたら、どこに置いたのか教えてください。わたしが、あの方を引き取ります。」すると、イエス様はただ一言、「マリア」と声をかけられました。「マリア」。それで十分でした。マリアには分かったのです。その声で分かったのです。彼女は振り向いて言いました。「ラボニ」すなわち「わたしの先生」。これまでいくどとなくそう呼んでいたように、いつものようにイエス様を「ラボ二」と呼んだのです。まさに、聖書の中で、最も美しい出会いの場面と言われるところです。

わたしにすがりつくのはよしなさい
 さて、ここで大事なことは、マリアがイエス様に気づいたのは、その姿を《見た》からではない、ということです。聖書はあえてそのことを強調して書いています。後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが「見えた」。しかし、「見えた」その時には気づかなかったのです。気づいたのはその姿によってではなく、その「言葉」によったのでした。「マリア」という呼びかけの言葉。それはただ音声としての言葉が耳に聞こえたということではありません。その言葉が心に届いたということでしょう。心に響くイエス様の声、その御声を通して、「ああ、イエス様が近くにいてくださったのだ、気づく前からそこにいてくださったのだ」と分かったのです。

 そのように、マリアがイエス様に気づいたのは、目に見えるその姿によったのではありませんでした。ですから、目に見えるその姿にすがりつこうとするマリアに対して、イエス様は言われるのです。「わたしにすがりつくのはよしなさい。まだ父のもとへ上っていないのだから。わたしの兄弟たちのところへ行って、こう言いなさい。『わたしの父であり、あなたがたの父である方、また、わたしの神であり、あなたがたの神である方のところへわたしは上る』と」(17節)。

 イエス様は「わたしの父…のところへわたしは上る」と言われました。イエス様は父のもとに、天に帰って行かれるのです。確かに、イエス様は復活されてマリアに現れました。後に弟子たちにも現れます。しかし、それはある限られた特別な出来事です。ずっと続くのではありません。イエス様は天に帰られ、目に見えない御方となられるのです。いつまでも、見える姿で現れたキリストにしがみついていてはいけない。イエス様は目に見えない御方でよいのだ、ということをマリアは理解しなくてはならなかったのです。

 実際、彼女が見る前から、イエス様はすぐ近くにいてくださったのです。マリアが泣いていたとき、イエス様は既に彼女の近くにいてくださったのです。後ろを振り向いてもまだ分からなかった。でも彼女が分からなかったときにも、イエス様はそこにいてくださったのです。「なぜ泣いているのか。もう泣かなくても大丈夫」と言ってくださる方が、一緒にいてくださったのです。

 先にも見たように、そのことに気づいたのは、それはイエス様の呼びかけの声が心に響いた時でした。実際、マリアはイエス様が天に帰られた後も、繰り返しこの呼びかけを心に聞いていたことでしょう。その御方が目には見えなくても。そして、それは後の弟子たちの経験であり、後の教会の経験でもあったのです。それゆえに、この一人の人に起こった特別な出来事を世々の信仰者は自分のこととして読んできたのです。

 今日はイースターです。キリストの御復活をこうして毎年私たちは祝います。私たちはマリアのように目に見える姿で復活の主と相見えるわけではありません。しかし、私たちもまた知っています。イエス様が私たちに呼びかけてくださること。私たちに語りかけてくださること。その声が今も私たちの心に響いてくるということを。
 
 時に私たちが涙に暮れる時にも、泣くことしかできない時にも、イエス様は呼びかけてくださいます。その時に私たちは知るのです。悲しくて悲しくて、ただただ涙していたその時にも、私たちが気づかなかっただけで、イエス様はすぐ近くにいてくださったということ。「もう泣かなくても大丈夫」と言ってくださる方が、すぐ近くにいてくださったということを知るのです。

以前の記事