2015年2月1日日曜日

「実を結ぶ神の言葉」

2015年2月1日 
日本キリスト教団 頌栄教会牧師 清弘剛生
聖書 ルカによる福音書 8章4節~15節


聞く耳のある者は聞きなさい
 今日はイエス様のなさったたとえ話をお読みしました。「大勢の群衆が集まり、方々の町から人々がそばに来たので、イエスはたとえを用いてお話しになった。『種を蒔く人が種蒔きに出て行った。蒔いている間に、ある種は道端に落ち、人に踏みつけられ、空の鳥が食べてしまった。ほかの種は石地に落ち、芽は出たが、水気がないので枯れてしまった。ほかの種は茨の中に落ち、茨も一緒に伸びて、押しかぶさってしまった。また、ほかの種は良い土地に落ち、生え出て、百倍の実を結んだ。』イエスはこのように話して、『聞く耳のある者は聞きなさい』と大声で言われた」(4‐8節)。

 「大声で言われた」とありますが、そこで用いられているのは「呼びかける」という言葉です。イエス様は「呼びかけて言われた」。さらに言うならば、これは「呼びかけ続けていた」という意味合いの表現です。ある時に一回だけこのたとえ話を話して、そして「聞く耳のある者は聞きなさい」と言われたのではないのです。そうではなくて、イエス様は繰り返し呼びかけ続けておられた。つまりここに描かれているのは一つの典型的な場面なのです。イエス様はこのように町々村々で繰り返し呼びかけ続けてこられたということなのです。「聞く耳のある者は聞きなさい」と。

 そのようなイエス様のお働きを、イエス様御自身は「種蒔き」として見ておられました。蒔かれる種、それは「神の言葉」だと説明されています(11節)。イエス様は「神の言葉」という種を人々に蒔きながら、繰り返し呼びかけておられたのです。「聞く耳のある者は聞きなさい」と。

 「種」――それは小さいものです。砂粒にも似ています。しかし、種と砂粒とは異なります。種の内には命があります。それゆえに種の内には豊かな実りの可能性があります。百倍の実りを生み出す可能性が秘められているのです。

 しかし、それはあくまでも可能性に留まります。実りは種だけによって決まらないからです。実りはその種を受け入れる土地によって異なるのです。すなわち、神の言葉が語られても、聞き方によって結果が異なるのです。それゆえに、イエス様は呼びかけ続けられるのです。「聞く耳のある者は聞きなさい」と。そう語られるのは、様々な聞き方があるからです。

四種類の土地
 イエス様は宣べ伝えられた御言葉の様々な「聞き方」について、これを四種類の土地によって表現されました。第一は「道端」です。

 道端に落ちた種はどうなるか。「人に踏みつけられ」と書かれています。神の言葉が、そのように聞く人によって踏みつけられることがあります。受け入れられることなく拒絶され、卑しめられることがあるのです。こうして踏みつけられた種は空の鳥に食べられてしまいます。

 このことについて、イエス様はこのように説明していました。「道端のものとは、御言葉を聞くが、信じて救われることのないように、後から悪魔が来て、その心から御言葉を奪い去る人たちである」(12節)。

 それは実際、イエス様の宣教において常に起こっていたことでした。集まった大勢の群衆の中にはいつでもファリサイ派の人たちや律法学者たちがいたのです。疑いと敵意とをもって聞いている人たちがいたのです。彼らにも同じ言葉が語られていたのです。しかし、同じ言葉が語られていても、拒絶された神の言葉は実を結ぶことはありませんでした。

 そして第二は「石地」です。石地に落ちた種はどうなるのでしょう。その種は踏みつけられることはありません。しっかりと芽を出します。しかし、やがて枯れてしまうのです。イエス様は次のように説明しています。「石地のものとは、御言葉を聞くと喜んで受け入れるが、根がないので、しばらくは信じても、試練に遭うと身を引いてしまう人たちのことである」(13節)。

 芽は人に見えるところにあります。根っこは人の目から隠れたところにあります。神の言葉によって生きる信仰生活において、大事な部分は人の目につかないところにあるようです。ちょうど根が大地に深く入っていってそこから水と養分を吸収するように、人の目からは隠れたところにおいて、御言葉によって神御自身にしっかりとつながっているかどうかが重要なのです。人の目につくところにおいては同じように見えても、その違いは試練において現れてくるのです。

 次に語られているのは「茨の地」です。茨の中に落ちた種はどうなるのでしょう。茨が押しかぶさってくるので伸びることができません。イエス様は次のように説明しています。「そして、茨の中に落ちたのは、御言葉を聞くが、途中で人生の思い煩いや富や快楽に覆いふさがれて、実が熟するまでに至らない人たちである」(14節)。

 「茨」とは、一方において「思い煩い」だと言われています。思い煩いが生じるのは不足や困窮の場合です。もう一方において「茨」とは「富や快楽」だと語られています。富や快楽が問題となるのは、満ち足りている場合です。困窮していようが、満ち足りていようが、そこには成長を妨げるものがあるのです。そこには神の言葉が与えられ、救いが芽を出しているという、とてつもなく大きなことが起こっているのです。しかし、その大きなことが起こっているという事実を大切にしないで、思い煩いや富や快楽のことばかり考えていれば、成長はストップしてしまう。それが茨の中に落ちた種に起こることです。

 そして、イエス様は最後に「良い土地」について語られました。良い土地に落ちた種はどうなるのでしょう。豊かに実るのです。百倍の実を結ぶのです。神の言葉の内には確かに豊かな実りをもたらす命があることが現れてくるのです。イエス様は言われました。「良い土地に落ちたのは、立派な善い心で御言葉を聞き、よく守り、忍耐して実を結ぶ人たちである」(15節)。

 「立派な善い心」と言われているのは、御言葉を信じて受け入れる心です。しかし、大事なのはそれだけではありません。「よく守り、忍耐して」と語られています。種が芽を出し、成長し、実を結ぶまでには時間がかかるのです。その間には先にも触れたような「試練」を経なくてはならないかもしれません。だからこそ、ここばかりではなく聖書には繰り返し「忍耐」について語られているのです。神とその御言葉を信じ続けるのです。信仰に留まるのです。そのようにして豊かな実を結ぶのが「良い土地」です。

惜しみなく蒔かれる主
 さて、イエス様がそのように四種類の土地について語られ、そのたとえがイエス様の解説と共に伝えられてきた一つの目的は、これを聞く私たちが自らを省みるためであると言えるでしょう。私たちはどのような土地であるのか。道端であるのか、石地であるのか、茨が生い茂った土地なのか、それとも良い土地なのか。この聖書箇所を読む度に私たちは考えざるを得ないのでしょう。そして、それは大切なことです。

 しかし、今日心に留めたいのはもう一つのことです。それは道端にも種が蒔かれているということです。このたとえ話においては、良い土地にだけではなく、石地にも茨の地にも種が蒔かれているのです。

 それは種の蒔き方が私たちの知っている蒔き方と違うからです。今日の観点からすれば、かなりいい加減な蒔き方です。先に耕して畝を作ってから種を蒔くわけではありません。種をつかんで畑の上に適当にばらまくのです。そうやって種を蒔いてから少し耕します。すると種が土で覆われます。適当にばらまきますから、道の上にも落ちることがある。石の上に落ちることもある。茨の残っている所にも落ちることもあるのです。

 そのような極めて大雑把な種蒔きを、イエス様はたとえに用いられたのです。イエス様は御自分がなさっていることを、そのような種蒔きにたとえられたのです。実際、イエス様のなさっていたことは、まさにその通りのことでした。良い土地だけを選んで、そこだけに種を蒔いていたのではないのです。道端にも惜しみなく種を蒔いていたのです。明らかに敵意むき出しの人々にも種を蒔いていたのです。大喜びで自分についてくるけれど、やがては離れ去っていく人々にも、惜しみなく種を蒔いていたのです。もしかしたら思い煩いや富の惑わしによってふさがれて成長しないかもしれないところにも、惜しみなく種を蒔いていたのです。

 そのようなイエス様の働きは、後の時代においても変わることはありませんでした。キリストは御自分の体である教会を用いて、御言葉の種を蒔き続けてきました。迫害する者にも、無関心な人々にも、石地であろうが茨の伸びてくる場所であろうが、キリストは御言葉の種を蒔き続けてきたのです。そして、イエス様は呼びかけ続けておられた。「聞く耳のある者は聞きなさい」。今も呼びかけ続けておられるのです。「聞く耳のある者は聞きなさい」と。

 皆さん、そのようなイエス様の種蒔きだからこそ、私たちのところにも種が落ちたのでしょう。だから今もなお私たちに御言葉の種が蒔き続けられているのでしょう。

 ここに語られている四種類の土地。それらは互いに離れた別な場所ではありません。イエス様が話しておられるのは一つの畑の話です。「道端」というのは、人が通って踏み固められた、畑の中に出来た道のことです。「石地」もまた同じ畑の中にあります。石を一生懸命に取り除くのですが、それでもなお石が残ってしまったところです。「茨の中」も同じです。茨を一生懸命除くのですが、茨は深いところに根を張っているので、いくらでも生えてくるのです。

 すべては同じ一つの畑です。ならば、道端が永遠に道端とは限りません。次の年には、石地から石が取り除かれているかもしれません。茨が次の年にも生えているとは限りません。どれも皆、良い土地となり得る畑の一部なのです。どれも百倍の実りをもたらす土地となり得る畑の一部なのです。そのような、私たちとして、今、私たちはここにいるのです。キリストは実りを信じて、御言葉の種を蒔き続けていてくださいます。「聞く耳のある者は聞きなさい」と今も呼びかけ続けていてくださいます。応えるのは私たちです。

以前の記事